モンゴルの銀行は? モンゴルの株投資と投資信託ファンドで高金利預金

モンゴルのハーン銀行のオーナーは日本人

モンゴルでの最大の銀行はハーン銀行です。

オーナーであるHS証券は日本の企業。

ハーン銀行の営業収益は2001年から2004年にかけて、4.5倍、前期の営業収益は約18億円となっています。

ハーン銀行が現在ではモンゴル国内で、404店舗と、着実に店舗数を増やしていることから、ハーン銀行モンゴル内で着実に地位を上げています。

モンゴルは金利が自由に決めることができる金利自由化政策を取っています。

しかし、経済が不安定だった90年代はモンゴル国内の銀行の倒産が相次ぎ、ハーン銀行も危なかった時代がありました。

現在、モンゴルの経済は右肩上がりということで順調ですから、高金利のハーン銀行を始め、金融界は安定した経営となっています。

モンゴルのハーンバンクとは?

ハーンバンクのハーンはチンギスハーンのハーンです。

もともとモンゴル国営だったAgricultural bank of Mongoliaを買い取り、400以上の支店を持つモンゴル最大の銀行を経営しているのは日本のHS証券です。

モンゴルでは、今はハーンパンクで十分通用しています。

ハーンバンクの魅力はなんといっても高金利。14%という数字は日本では絶対不可能な数字です。

預けておくだけで、自然に増えてしまうという、恐ろしい数字でもあります。

又、モンゴルでは外貨は大歓迎という形を取っていますから、外国人であってもハーンバンクの口座を持つことができます。

ただ、オーナーは日本人のハーンバンクですが、口座開設は日本では無理で、現地に赴かなくてはなりません。

ですから、モンゴル投資ツアー、ハーンバンク口座開設でモンゴル3泊4日なんていうのはいかがですか?

モンゴルの銀行について

モンゴルの銀行というと、Agricultural bank of Mongolia(通称ハーン銀行)です。

日本ととても関係の深い銀行で、HS証券が買収をしたため、HS証券の子会社です。

モンゴル投資で日本からは取引はできず、モンゴルでしか銀行の取引はできません。

しかし、トップが日本企業であれば、モンゴル投資は他の国よりも親近感があります。

実際、今のモンゴルは経済成長が目覚しく、各国がモンゴル投資に力を入れ始めたところです。

これからもモンゴル投資に関して銀行の情報が入ってくるといいのですが、これも時間の問題でしょう。

これからの新興国投資はモンゴルです。