モンゴルの経済GDPは? モンゴルの株投資と投資信託ファンドで高金利預金

モンゴルのインフレ率について

2009年のインフレ率の目標を12%に定めたモンゴル政府。

モンゴル経済のの急成長を受け、インフレ率も上がっているモンゴルでは給料や年金予告を察してのインフレ率があがるといったことがあり、これからは予告はしないこととした。

しかし、インフレ率を抑制することで経済成長を鈍化させることは避けたいモンゴルですから、今後の展開が注目されます。

鉱山目的で外貨が流入しているモンゴルで、不動産投資なども盛んになっている事から、経済成長とインフレ率のバランスが鍵になっています。

モンゴル投資はこれからで、ファンドなども増えてくる事から、モンゴルから目が離せません。

モンゴルのGDPについて

モンゴルのGDPは採掘、採石分野が群を抜いています。

高い成長率を続けるモンゴルは、このような鉱山関係の繁栄から、様々な産業が盛んになっています。

GDPはここ数年うなぎのぼりとなっています。

この魅力的な鉱山に対しては、世界中の企業が注目する中、不動産投資やインフラ産業なども進んでいます。

モンゴルの実質GDP成長率、一人当たりの名目GDPともに、首都のウランバードルを中心に伸びを見せています。

新興国として、資源国として、外貨流入なども盛んに行われ、モンゴルの経済発展は続いています。

日本からのモンゴル投資はファンドや証券会社経由での株取引などがありますが、このGDP成長率の恩恵を受ける機会はますます増えることでしょう。

モンゴル経済はどう?

ソ連の崩壊はモンゴルに民営化のスピードアップと市場経済の発展をもたらしました。

5%以上の高い成長を続けるモンゴル経済は、ますます成長の幅を上げています。

証券取引所の開設、銀行、発電所、炭鉱などは外国資本により購入しています。

世界的な資源高は、資源国であるモンゴル経済により拍車をかけ、採掘、採石などの分野では高い経済発展の主な原動力となっています。

モンゴルの今後の経済成長は、まだまだ続くものと見られ、中国、ロシアに囲まれたラッキーな立地条件と資源だけでも周りの国の目を惹きます。

これからはあちこちのインフラ整備、経済を磐石なものにするため着実に成長を見られるでしょう。

高い成長のモンゴル経済への投資のドアは、大きく開かれることになるでしょう。