モンゴル投資の預金金利は? モンゴルの株投資と投資信託ファンドで高金利預金

モンゴルの定期金利について

天然資源が豊富なモンゴルの定期金利は現在15%です。

これは、15年前の中国と同じで、経済成長などを鑑みても中国と似ています。

数年前の中国を振りかえれば、大体想像はつくと思いますが、高い定期金利からもモンゴルのこれからのブレイクがする予想はつきます。

モンゴルの定期金利の恩恵は日本人でも受けることができますが、日本でではなく、モンゴル現地でということになります。

でも、投資関連のツアーや観光ツアーなどの企画はたくさんあり、モンゴルへの投資ツァーなどでは、投資の参考になりそうな話やモノが見られることになります。

それにしても日本の何倍になりますか、モンゴルの定期金利

しかし、投資や高い定期金利にはリスクも絶対にありますから、あくまでも余裕資金での投資と考えるのが賢明です。

モンゴル預金について

モンゴルはこれからの経済成長が見込まれています。

新興国として、次にくるのはモンゴルという声も高いのですが、投資となると、日本からはスムーズにできない状態です。

ではモンゴル預金はどうかというと、現地で口座開設ということをクリアできればモンゴル預金は可能です。

今レートは、1トグリクは0.1円ですから、10万トグリクでやっと1万円ということになります。

今、モンゴル預金の金利は10%以上という所も多いです。

預金のほか、不動産投資や鉱物という資源があることから、これからのモンゴル投資は種類も増えると思います。

それにしても年10%の利回りのモンゴル預金。リスクの香りしますが、整調を続け、世界が注目しているのは確かなことです。

ちょっと100万円くらいでモンゴル預金を作ってみませんか?

モンゴルの金利は高い?

モンゴル投資での魅力の一つに銀行の金利が高いということにあります。

新興国にありがちなことですが、モンゴルのハーン銀行では、年利10%とも15%ともといわれる高い金利

もちろんモンゴル投資にはリスクも隣り合わせということですが、これからの経済成長と考え合わせて見ても、日本では考えられない高い金利となっています。

しかし、この金利を授かるためには現地での銀行の口座開設が必要です。

中国やインドなどの新興国も高い金利の時代がありましたが、今はちょっと危ないですから、思い切ってモンゴル投資ってというのはいかがでしょう?

確定金利ですから、1年間はこの金利動向に関係なく高いままというのも嬉しいことです。

しかし、1年後の保証はないというのが、新興国の最大のリスクです。

モンゴル投資、リスク?高金利?選ぶのは自分自身です。