モンゴル投資とは モンゴルの株投資と投資信託ファンドで高金利預金

ジャパンタウンinモンゴル

スルガコーポレーションは、モンゴルの首都ウランバートル市郊外の約90万uに住宅地、小売・商業施設、オフィスエリアを2005年から約10年間の計画で開発を進めることになっていました。

ここを名づけてジャパンタウンという名称までついています。

マンション・戸建ての計画戸数は3273戸。日本円で200から300万円での分譲も始まっていました。

日本人の感覚からいくと安いですが、モンゴル国民にとっては年収の10倍以上という価格です。

モンゴルジャパンタウンのターゲットは、モンゴル在住の外国人ということですが、モンゴルの方でも購入できる金持層が着実に増えてきています。

憧れのジャパンタウンに住むことがステイタスとなりつつあります。

しかし、スルガコーポレーションは民事再生法の認可を受け、モンゴルジャパンタウン計画も頓挫している状態にあります。

今後、どのような形になるかは定かではありませんが、憧れのジャパンタウン、果たして憧れだけで終わってしまうのか?

モンゴル投資とは?

悠久の大地モンゴル投資の話がにわかに話題になっています。

モンゴルと言えば・・・
今や大相撲の力士の中でもモンゴルは事欠かない話題となっています。

投資の話でモンゴルというと、未開の地として、資源が果たしてどのくらい眠っているかわからないほど豊富な鉱山があると言われています。

世界にとって、資源はあればあるほどと言うくらい欲しいものですから、今やモンゴルを拠点とする企業や国がうごめいているという状態です。

モンゴル証券取引所もありますし、現地に口座開設をすると株の投資なども可能ということになっています。

今の時点ではあまりにも情報が少なく、具体的な投資になるとなかなか難しいのが現状です。

ただし、今のうちから集められるデータはあると、資源と言うだけで世界は絶対にモンゴ投資を始めるでしょう。

モンゴル投資、頭のどこかへおいてみてはいかがですか?