モンゴルのハーン銀行のオーナーは日本人 モンゴルの株投資と投資信託ファンドで高金利預金

モンゴルのハーン銀行のオーナーは日本人

モンゴルでの最大の銀行はハーン銀行です。

オーナーであるHS証券は日本の企業。

ハーン銀行の営業収益は2001年から2004年にかけて、4.5倍、前期の営業収益は約18億円となっています。

ハーン銀行が現在ではモンゴル国内で、404店舗と、着実に店舗数を増やしていることから、ハーン銀行モンゴル内で着実に地位を上げています。

モンゴルは金利が自由に決めることができる金利自由化政策を取っています。

しかし、経済が不安定だった90年代はモンゴル国内の銀行の倒産が相次ぎ、ハーン銀行も危なかった時代がありました。

現在、モンゴルの経済は右肩上がりということで順調ですから、高金利のハーン銀行を始め、金融界は安定した経営となっています。